画像

車検を受けるときに必要なもの

 車検証(自動車検査証)

自動車の身分証明書のようなもので、道路の運行許可証です。
ナンバープレート、大きさ、排気量、自動車の所有者情報が記載されている重要な書類です。
車検証をなくされた場合は、ナンバーを管轄している陸運局で再発行してもらえます。

注意!!
車検証不携帯で走行すると罰則を受ける場合もあります。
罰則とは、道路運送車両法 違反で50万円以下の罰金を払わなければいけない場合もあります。

車検証は、下取りや売却時にも必要となります。

 自動車納税証明書

自動車納税証明書とは、自動車税がきちんと支払われているかを証明するものです。
自動車税とは、毎年4月現在に所有している自動車の排気量によって課せられる税金です。
4月末から5月頃に各都道府県の自動車税事務所などから納税金額がかかれた自動車納税通知書兼納付書という書類が送付されます。
車検証とは違い携帯の必要はないのですが、車検時に必要なものなのでなくさないよう、大切に保管してください。

※一部の地域では納税確認の電子化により、納税証明書の提示が省略できるようになりました。
ただし、納税後すぐに車検を受ける場合は運輸支局で確認ができないため、車検時を受けるときには通常通り発行される証明書を提示する必要があります。

 自賠責保険証明書(自動車損害責任保険証明書)

自賠責保険とは、「自動車損害賠償補償法第5条」において、すべての自動車、バイクを走行する場合に加入が義務づけられている保険です。
自賠責保険とは、自動車(バイク)を走行させている最中に、人にケガを負わせたり、死亡させたりした場合に補償される保険です。対人のみに適用される保険となっていて、物損や運転者自身のケガなどには適用されません。

注意!!
自賠責保険に未加入で運行した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金・減点6点となり免許停止処分となります。
また車検証と同様、自動車を走行するときに、証明書を携帯する必要があります。
車内に携帯していない場合は、30万円以下の罰金を払わなければならない場合があります。

 車検費用

法定費用と車検検査料がかかります。

法定費用
・自賠責保険料(自動車を所有している人であれば必ず加入しなければいけない保険です。これは運転を
        していてもしていなくても、自動車を所有しているだけで発生します。
        運転中に万が一のトラブルが発生した場合に、対人保険として利用できます)

・車両重量税(所有している自動車の重量に対して発生する税金です。自動車の重量はもちろん、
       区分や経年によって金額が決定されます)

・検査印紙代(車検の手続きをおこなう運輸支局等に支払う手数料のことです。「自動車検査登録印紙」
       と「自動車審査証紙」を合計した費用ということになります)

車検検査料
お車を点検する基本点検料、代行料となります

そのほかにお車の不具合箇所の整備にかかる部品代や工賃などが別途かかることもありますが、お客様とご相談しながら対応させていただきますので、お気軽にご要望などお伝えください

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
072-992-4121
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!